心躍る自己啓発,ブログ

自己啓発関連の本を読んだら、そのときは気分が高まってすごくやる気になるのに、数日後にはその気分は忘れて何も変わらないように思う。

 

自己啓発って、意味ないのかな・・・

 

そんな声が、よく聞こえてきます。

 

 

また、

 

自己啓発本は無駄!読書やセミナー後の一時的な充実感に中毒して、次々追い求める自己啓発依存になるよ!

 

などと、警告している人もいます。自己啓発の学びで心躍る体験は、学んだ直後の高揚感だけ、という人が少なくないという事実です。

 

自己啓発に意味ない!と決めてしまうマインド

 

確かに、学んだのに少しも良い変化がないままでは、「無駄」と考えざるを得ないのかもしれません。

 

その人の、今までに、関しては。

 

 

でも、もしここで、

 

「過去の読書は無駄だったから、自己啓発を学ぶこと=意味ない」

 

と結論づけて二度と学ぼうとしないのだとしたら・・・

 

 

私は、「ちょっと待って!」と、叫びたいです。

 

なぜなら、その人はこの先の人生、

 

未来=「過去と同じパターンの繰り返し」に、決まってる!

 

っていう、真実ではない信念や、悪い方に決めつけがちなクセも、抱え続けることになるから。

 

 

その思い方が変わらない限り、過去に嫌だったことは嫌なまま。しかも、いっそう悪いほうに考えるクセも加算されて…

 

 

きっと当初、自己啓発の本を手に取ったときには「より幸せに、良い人生にしたい」という思いだったはずなのに、このままでは幸せから遠ざかってしまっています。そんな状況に対して、やっぱり私は、「ちょと、待って!」と、全力で叫びたいです!

 

価値無い自己啓発本なんて、あまり無い

 

自己啓発書の大多数は無意味!なんて言いきる人も見かけますが、私は、書店で自己啓発コーナーに並べられている本のなかで、読む価値が全くゼロ、という本は、それこそ、ほとんど無いと思っています。

 

大なり小なり、その著者さんなりの切り口で貴重な気づきを与えてくれるので、どのように行動へ落とし込もうか…というアイディアに心躍ります^^

 

 

問題なのは、差し出された価値を使いこなす方法が、多くの場合、見えないこと。

 

 

 

ゆり
まずは、知って良かったと感じたポイントを1つでも、心のなかで繰り返して過ごすことが、おすすめですよ☆

 

愛犬きゅんたろう
繰り返しインプットされる情報=「重要だ」と、脳に認識されて、その情報が自分の日常と溶け込むポイントを探し出すんだね。

 

ゆり
ピンときた内容に、楽しい気持ちで気軽に繰り返し触れるうち、自分の生活にどう活きるのか自然と見えてくるのです^^

 

 

 

学びを日常に活用できる&良い変化の繰り返しが重なるほどに、「人生、本当に変わった…学んで、よかった!」という心躍る瞬間が必ずありますし、もし、万が一、低品質感が否めない本を引き当ててしまったとしても、その体験にすらプラスの意味を見出せるマインドに変わってきて…

 

「得た学びを使いこなす」コツに沿って日々の有効な行動を繰り返せば、どんどん良くなる流れに乗れるのですね!

 

 

情報の価値は、ユーザーのアプローチしだい

 

ハウツー(ノウハウ)に関する情報は溢れているのに、豊かで健康で幸福で充実した人生を手に入れられない人が大部分なのは、なぜだろう? と、問いかけるのは、「スライトエッジ」の著者ジェフ・オルソン氏。

 

それは、「答えは、答えでしかないから」

 

答えが何かをしてくれるわけではないからだ。答えを知ったところで、それを活用し実践しなければ、それは単なる情報でしかない(「スライトエッジ」著者:ジェフ・オルソン氏・訳者:藤島みさ子先生)

 

 

 

本から学び、心に響いた内容を音声録音して繰り返し耳で触れる、というアプローチも、効果的な学びの実践につながるので、とってもおすすめです☆

 

こちらのブログ内の音声動画コンテンツも、現在のあなたの気がかりと関係するものがありましたら、使ってみてくださいね^^

 

自己啓発ブログの関連記事
  • 心躍る自己啓発,ブログ
    自己啓発本を読むことには意味がない…?情報の価値はユーザーしだい
おすすめの記事